折り紙、得意ですか?


あなたは折り紙、得意ですか?

僕は大っ嫌いです(笑)

仕事柄、折り紙を折ることもたまにあるのですが、
(どんな仕事してるか大体絞られますね)
どうしようもないほど下手くそなんです。
折り紙に限らず、手先を使う系の細かい作業は
昔から本当に苦手です。

小中学校の図工や美術は、
体育以上にしんどかった記憶があります。
ちなみに体育も苦手です。

でも、脱出ゲームなんかしてると、
(特にSCRAPのリアル脱出ゲームなんかは)
めっちゃ折らせるじゃないですか。
毎回、折らせる系の謎は泣きたくなるんです。
たとえ細かい作業じゃなかったとしても、
拒絶反応に近いものが出ちゃうんです。

名古屋のナゾコンで参戦してきた
「ペーパーキングダムからの脱出」
なんて、個人的には阿鼻叫喚ものでした。
(そうなることがわかっててなぜ参加したのさ…)

ただ、単純に手先が不器用という以外にも、
図形が絡む問題が根本的に苦手なのです。
図形の絡む問題って、出来上がった形を
ある程度イメージしながらやる必要があります。
折り紙も、完成図をイメージしながら
折っていくものだと思うのですが。
私、それができないんです。

要するに、想像力がないのです。

謎解きを趣味とする者として、
想像力が欠如してるって致命的ですよね。
多くの謎解きや脱出ゲームの前説で、
「必要なのは想像力です!」
って喧伝してるのに、それがないんだから。
そりゃ脱出できないよね、って話。

ぺパキンのようにやむを得ない場合は別ですが、
そうでない場合はチームメイトにぶん投げてる私。
目の前の小謎を黙々と解いていたい性格なのですが
そろそろ本格的に対策考えないといけないです…