深読みする前に、出せ!

深読みの悪癖を直したい

脱出ゲームって、ラストの謎を解く前に
2~3回中間ポイントを挟むじゃないですか。

私、しょうもないところで深読みして
中間ポイントを通過する前に
グダグダしてしまう悪い癖があるのです。
そういう人、いないですか?

大謎ならともかく!
小謎~中謎で深読みしてグダグダするの、
本当に時間の無駄ですよね!
そのせいで時間が足りなくなること、
1回や2回じゃ済まないくらいやらかしてます。

でもわかってても深読みしちゃうの!
なんでだろ!!

間違えるのは、悪いこと?

たぶん根が真面目なんです。

「何言ってんだコイツ」
と思われるかもしれませんが、これは悪い意味で
「間違えちゃいけない、間違えるのは悪いこと」
という感覚が身に染み付いちゃってるんです。

これさ、教育の悪い点だと思うのです。
間違えることは悪だと教えられ、
間違えることに対して異様な恐怖心を持っちゃう。
優等生を演じちゃうんですよね。

間違えることは決して悪いことじゃなくて、
間違えたことに対して軌道修正を図って、
最終的に正しい答えに導けることが大切なはず!
同じ間違いを繰り返すのはダメですけどね。

悩む暇があったら、とりあえず提出

思わぬところで教育の話になっちゃいましたが。
話を戻さなきゃ。

とにかく!
大謎で、1回ポッキリのチャンスしかないなら
熟考に熟考を重ねて提出しなきゃいけないでしょう。

でもそうじゃないなら、深読みしてグダグダしてるの
本当に時間の無駄だから。
だったら、さっさと中間ポイント通して、
合ってるか間違ってるか確認した方が
よほど効率的に時間を使えてると思うのです。

考える暇があるなら、とりあえずやってみろ
ってことです。はい。