『おんがえしのメソッド』レビュー

2017年12月10日

テクノナーゾ公演「おんがえしのメソッド」に
参加してきました!
メンバー5人集まりました!やったね。

テクノナーゾの伏線が好き!

テクノナーゾは過去、
『遠く距たる離れしキミと、諸手広げし4人のサギ師』
(通称キミサギ)
に参加してきました。
そのときは、圧倒的な物量と質の高い謎で、
ひたすら感服していました。

テクノナーゾの公演は、
伏線をいろんなところに散りばめられていて、
その伏線をしっかり回収してくるところです。

それは謎の中であったり、
後語り的な映像の中であったり、
いろいろな場所で伏線を回収してきます。

今回はビギナーゾ公演

さて、今回はビギナーゾ公演ということで、
比較的ライトな謎解きの公演と聞いています。

ビギナーゾだからって舐めてかかると、
結構痛い目に遭うことがあるらしい。

この前の公演が『調理の達人』という、
どっかで聞いたことがあるような公演。
私は参加していないのですが、話を聞くと、
失敗している方もちょこちょこいるらしい。

というわけで、気合入れて参加しました!

頭も体も使います

今回参加した『おんがえしのメソッド』は、
頭も体も使います。
しかも、わりとガチめに身体を動かします。

今回の公演に出てくるテレビ番組
『てくの友達パークへ来てらっしゃい』
某T〇Sのあの番組をモチーフにしてます。
芸能人がいろんなアトラクションに挑戦して、
最後にダーツを投げてパ〇ェロを目指す、アレ。

アレと同じように、今回の挑戦者も
いろいろなアトラクションに挑戦します。

説明を聞いていると、「なんだか難しそう…」
と思ってました。
が、アトラクション自体の難易度は控えめ。
やってみると、案外なんとかなります。

アトラクションはメンバーの割り振りがあります。
必ずどれかのアトラクションに挑戦します。
だから、絶対どこかで役に立つ機会があります。
「普段の公演はポンコツだから……」
と、私みたいな悩みを持つ方も安心!

そして、今回は謎解き公演。
身体動かして終わり、ではありません。
身体を動かしたあとは頭も動かします。
むしろこっちがメインなので。

脱出成功!

そういうわけで、頭も身体もフル回転の公演。
結果は、見事脱出成功とあいなりました!
わーい。

たしかに、今回の謎はビギナーゾ公演でした。
謎自体はわりとライト。
「謎解き初体験です」の方にもオススメです。
逆に言うと、ガチの謎クラの方には
少し物足りないかも?というような印象です。

ただ、要所要所に閃きが必要です。
そこは、慣れてないとやっぱり難しい。
その辺は私は安定のポンコツっぷりでした。
閃きが出たのは1個だけ…かな。
あとは小謎で間違えたり、ヘマやらかしてます。

まだまだビギナーですね。
精進いたします……

司会進行の方曰く、我々が最速クリアだったと。
でも、結構時間かかりましたよ。
70分公演なのですが、
途中途中時間がストップするのでね。
体感だと2時間強くらいかかった気がします。