【感想】パズルルームからの脱出2

京都アジト第4弾。
『パズルルームからの脱出』に参加しました。

今まで
『不思議な晩餐会へようこそ』
『魔王城からの脱出』
『パズルルームからの脱出』
になんとか脱出成功しているので、
パズルルーム2も成功して、完全制覇としたいところ。

あいかわらずパズルだらけ

パズルルーム(無印)のときもそうでしたが、
パズルルーム2も、安定のアイテム&パズル量。

パズルルーム(無印)で見たことあるような…
そんな幻覚に襲われながらも、気のせいです。

そして、パズルルーム(無印)以上に、
本当に私、何もしなかった。
なされるがまま、という感じ。

アジト型の立ち回り、そろそろ覚えなきゃ。
ホール型は謎解き係でもいいけど、
アジトの序盤はまとめ係に徹した方がいいな。
だって解けないもん。

中謎~大謎は、まだマシなんだけどね…

システムがすごい

京都アジトのすごいところって、
NPCがガツガツ関わってくるんです。
『魔王城からの脱出』もそうだったけど、
それがよりいっそう物語への没入感を進ませる。

アジト型はNPCと協力するタイプの公演が好き。
そういうのが好きな人は絶対楽しめる!
京都アジトのおもてなし感、めっちゃすごい。

あわせて
謎解きのシステムというか、ツールというか…
「こんな謎解きがあるんや!!」
という驚きがあります。マジでビビる。

システム自体にも驚くんだけど、
そのシステムを駆使して答えを導き出したときの
「うわああああああ、やべええええええ」
感は、是非体験していただきたい。

あと、さすが関西人やな、ってノリが必要。
途中「何やってんだ俺は」ってなるときがあるけど
考えたら負け。

結果は……

さて、そんなパズルルーム2の結果ですが…

あんだっしゅほーい。

いやー、完敗。
目の前のやること見えてはいたけど
そこからさらに1手先、2手先まで読めなかった。
結構悔しいです。

これで年明けの謎解きは4連敗。
SCRAPだけでも3連敗です。
勝率的にも、かなーり痛い敗戦。


スタンプスのアプリ謎は解けたけどね。