【感想】時空研究所からの脱出

ナゾコン名古屋2発目はルーム型『時空研究所からの脱出』に挑戦してきました。
メンバーは4人グループ、5人グループ&私。

なかなかに疎外感を覚える構成です。

参戦歴は、初挑戦が約半数。残りは5回以内。
数(だけ)はこなしてる私が勝手にリーダーに選任されてしまいました。それ泥舟やぞ大丈夫か

ストーリー

あなたたちは時空研究所で働く職員。
ついにその研究所がタイムマシーンの開発に成功した!
しかし、完成直後に研究所はなぜか閉鎖され、あなたたちは閉じ込められる。
いったいなぜ閉じ込められたのか?
そして、研究所で起こる不可解な出来事の結末は?

公式サイトより引用。

作り出したタイムマシンを使って、過去や未来でなんやかんやして脱出を目指すという感じです。

物量がすごい

ルーム型全般に言えるんですけど、初っ端の小謎の物理が半端ないのは言わずもがな。
まず情報をかき集めるのがひと苦労。
そしてかき集めた情報を統合して答えを捻り出すのにもさらにひと苦労なのです。

小謎苦手マンとして名を馳せている私ですが、今回はかなり頑張った方だと思いますよ!
ただ、相変わらず頭が固いので1度ひとつの解き方に拘ってしまうと他の解き方が思いつかなくなる。
大概、初参加メンバーに助けられてました。
ざまぁねーな。

結局小謎でかなり時間持ってかれました。

ただ今公演、物量やばいのは小謎だけじゃない。
中謎~大謎にかけても大量に謎が押し寄せてくる。

ここまでくると「やること分かってても時間が無い!」というもどかしさに襲われます。
中謎以降はわりとスムーズに解決したんですけど、前半のタイムロスにかなり引きずられた形。

たぶん今まで参加した公演史上もっとも謎を残したまま脱出失敗になったような気がします。

「タイムマシン」をフル活用

過去や未来であーでもないこーでもないしながら、
トラブルを解決して脱出を目指します。

過去の〇〇が、未来であーなったり
未来で〇〇するために、過去であんなことをしたり

とにかく試行錯誤を繰り返して、なんとかかんとか先に進んでいく感じです。
いやぁ楽しい!

メンバーに恵まれた!

まぁ、写真の通り脱出は失敗しましたがね!

でも、ソロ凸で行ってきたのに温かく迎え入れ、なんやかんなリーダーに持ち上げてくれたメンバーに感謝です!
一緒に写真も撮っていただき、LINE交換して写真送ってくださいました。

この場を借りて厚く御礼申し上げます。