【感想】閉ざされた秘密の扉


RED ROOMを終わらせた後にその足で、『閉ざされた秘密の扉』に挑戦してきました。
残念ながら2月末日で本当に閉ざされてしまいましたが!

ストーリーは特になし

ひたすら謎を解きまくるだけです。
探索要素も特になし。
出てくる謎にひたすら対応しまくるだけ。

謎は苦手、ストーリーが好きなんや!って人には、ただただ苦痛なのかもしれないけど…
そこまでガチ難しい謎というわけではないので、わりと気軽に参加できるかなっていう印象です。

まぁ、私は1個手前で詰まって延長しましたがね。
そこさえ解けたら、あとは流れで解けたけど…

解放感の波が心地よい

謎が解けたら次、解けたら次… というふうに謎の波が押し寄せてきます。
そして解けるたびに、解けたという解放感がある。

謎の数だけ解放感がある…
まさに解放感の波が怒涛の如く押し寄せてきます。

それが心地よい!

これに参加して思ったことは、「ストーリーも大事なんだけど、やっぱり私は謎を解くのが好きなんだなぁ」と改めて実感したことですかね。
小謎苦手マンなんだけど、なんだかんだ言いながらやっぱり謎解くの好きなんです、私。

というわけで、無事ステッカーGET!
わざわざ名古屋まで行ったのにステッカー貰えなかったら、ガチで凹んでただろうなぁ……

というわけで、似たような企画を他のアジトでもどんどんやってほしいなぁ!と思う今日この頃なのでした。

おまけ

向こうの手違いで、宝箱に鍵がかかってないというとんでもない手違いがあり、私が逆に困惑してました。
最後、ひたすら謝られました…
いいよいいよ、それで失敗してたらブチ切れてたかもしれないけど…

そして、私の前に参加された方が、かの有名なAnotherVisionの方で、9分程度でクリアしていったとの話をスタッフさんから聞きました。
やっぱり頭の作りが違うんやな…


↓↓↓