【感想】潜水艦ポセイドン号からの脱出

1か月前、Zeppの借りはZeppで返さねば!

ってことで、1ヶ月ぶりのZepp Nambaです。
ライブでは行ったことのないZeppに、既に謎ときで2回行ってるってどういうことなんですかね…
まぁ、そもそもライブあんまり行かないけど。

潜水艦ポセイドン号からの脱出

5年前のリバイバル公演です。

5年前はなんでも脱出率8%前後。
しかしこの5年で、謎解きする側もだいぶ訓練されてしまったようで、この再演で脱出率50%前後となる公演になりました。
皆さん訓練されすぎでしょ…

始まる前からプレッシャー。
別に脱出ゲームサークルの代表やってるからって、「謎解きが得意」とイコールにはならんのやで…

ストーリーに関して

海底でなんらかの異変に巻き込まれて、潜水艦に亀裂。このままでは60分後に浸水・沈没してしまう。 なんとかして危機から脱出せよ。

ざっくりいうとこんな感じ。
もっと深い話があるのですが、あんまり書くとネタバレになりそうなのでこの辺りでとどめておきますが。

オーソドックスといえばオーソドックスというか。
特に凝った設定でもない感じ。
でもZeppの音響もあいまって、緊迫感というか、迫力がものすごく違うように感じられました。

確かにこれはZeppじゃなきゃできないよなー!と思えるもので、とてもよかったです。

コラボ公演に比べるとオリジナル公演って皆同じステージから入り込めるからいいなって思います。
原作知ってたらより楽しめる… だとグループ内で差ができたり、裏切られたりといったリスクもあるじゃん?

ラス謎に関して、若干モヤッとする点もあったけど、そこについては司会の青木さんがしっかり回収して、最後のストーリーに繋げてくれたので納得して帰れました。

その「モヤッと」がある分、5年前のクオリティなのかな?と思ったり。5年前なんてリアル脱出ゲームの存在すら知らなかったわけですが。

謎に関して

脱出率50%近いとのことですが、なんのことはない。
めちゃくちゃ難しいですよ!
皆さんどんだけ鍛えられてるんですか!

まぁ、私はというと、最初の小謎こそ、スムーズに解いていましたが、パズルが入ってきたあたりから私の様子がおかしくなりました(笑)
小謎数問解いた後はほとんどなす術なく応援だけしてることが多かったのですがね…
だってわかんねーんだもん!

でもね、公演終わってから冷静な頭で振り返ってみると、いろいろな「リアル脱出ゲームの基本」がひととおり詰め込まれてるような感じがしました。

アレをあーするところとかね!
これはもう習慣づけるしかないな!
と、今一度考えさせられる機会となりました。

クロウは またひとつ かしこくなった!(当社比)

あと、「驚き」に溢れた謎でした。ほんとに。

脱出は失敗しましたが…

というわけで、50%近く叩き上げる脱出率でありながら、残念無念、脱出失敗とあいなりました。
うーん悔しい!

しかし、Zeppという大迫力の環境で、ゴリゴリの謎解きができて大変満足できた公演でした!
なにげに青木竜也さんの司会、初めて拝めたしね。