【Twitter】最終戦争からの脱出

Twitter謎を制作しているオオカミ(@okaminazotoki)さんのTwitter謎解き公演『最終戦争からの脱出』に挑戦してきました!

なかなか日程が合わなかったのですが、たまたま最終公演に滑り込んで参加することができました!
危ない危ない…

最終戦争からの脱出

Twitterでの告知はこんな感じ

Twitterで行われる、SCR〇Pさながらの謎解き公演という謳い文句で募集されていました。
参加費無料だし、まぁ全員脱出成功想定してるんやろなぁ、とたかを括ってはいけません。

コイツ、とんでもない謎解き公演ですよ。

謎のレベルがガチ

まず、謎のレベルが存外高い。
小謎段階で解けない問題もそこそこありました。

まぁ、小謎苦手マンの感想なので、このへんは参加者によって意見の割れるところではあるかと思います。
「骨が折れる」とまではいかないまでも、「小骨の多い」問題には違いないと感じました。

私にとっては、だいぶデカめの小骨でしたが!

ついでにいうと、タイトルに「戦争」というワードが入ってることもあり、戦略というか、作戦とかも考えなきゃいけないわけです。
ほんと、いろんなとこに伏線張り巡らされてるから…
「おおっとそこの伏線は見逃してたぞ」ってナチュラルにため息つくから、覚悟しといてください。
そもそもそこまで到達してなかったけどな!笑

時間設定がガチ

合わせて、時間設定がガチ。
かなりスムーズに解いていかないと厳しいですね。

我がチームも、最終回答を提出するかなーり前の段階で時間切れを食らってしまいました。無念。

Twitter上ですべて進行するので、対面でやるのとは違った難しさが随所に現れます。
情報共有と役割分担が難しいやつや…!

もし再演があるときは、SCR〇P以上に情報共有と役割分担をかなり話し合ってすり合わせといた方がいい!

ほんとに #オオカミふざけんな

嘘です、めっちゃ楽しかったよ!!

リアルな公演でやりたいやつや

結果はいうまでもなく脱出失敗です!
というか、脱出成功率0/12ですってよ!

リアルな形式だとまた結果も変わるかもしれませんが、Twitterで完結するという制限が面白さを増させているともいえるかもしれません。
ネット型謎解きの可能性を感じるゲームでしたね!

最後に

個人的な反省点を述べると、とにかく改善点が多い公プレイングったなーと思うことが多い。

説明が長そうだったり、パズルが難しそうだったりすると思考回路がショート寸前になっちゃう。
セーラームーンもドン引きレベルで。

何がいけないかって、やっぱり私は頭の中だけで考えるのは無理ってことです!
口を動かして仲間と話し合って、手を動かして頭の中を整理しないとダメだな!って。

反省&反省、そして次に改善だ!
(脱出できるとはいってない)