【感想】さまようぴえろ@時解カフェ

1ヶ月ぶりの時解カフェです。
関西謎クラの心の拠り所ですね。

今回はホラー!『さまようぴえろ』に挑戦です。

ホラー×謎解きで正気を保てるか?

さて、皆さんホラーは得意ですか?

私は、お化け屋敷とかはわりと平気です。
周りがキャーキャー騒いでいるのを見て、よく言えば冷静になることができる(悪くいえば醒めてしまう)タイプの人間です。
ユニバのお化け屋敷も淡々と通行しています。

そのかわりホラー映画はからっきしダメ!
あんなもん、人の観るもんじゃない。

話を戻しまして。
お化け屋敷とかはわりかし平気だし、行けるんじゃないかと思いがちですが、今回は謎を解かないといけない。
単にさまようぴえろからの恐怖心に打ち勝つだけでなく、その環境下で謎を解かないといけないというプレッシャーがあるわけです!

果たして私のSAN値は正常なままでいられるか!?

※ 写真はイメージです。

これがめちゃくちゃ楽しかった

これは、システムも含めて是非現地で体感してほしいと思うので詳しい話は避けますが…

これがもうめちゃくちゃ楽しい!
私の中で今年1番のスマッシュヒット作です。

なぜかという話をしたいのですが、私のつたない文章でどこまで伝えることができるのやら。
以下、簡単にまとめます。

物語への没入感がすごい

ホラーの環境下で謎を解かないといけないので、プレッシャーが半端ないわけですよ。
ホラーなので、だいぶ行動も制限されますし。

その心理的プレッシャーと行動制限が相重なり、ものすごく「その世界の一員」になれた感じがする。

謎解きしてると、突然神様の視点になるというか、謎全体を俯瞰して見るような瞬間ってないですか?
あの賢者タイム(?)に突入すると、私の場合急に冷めてしまうことがあるのです。

これは、そういうのがない!
最初から最後まで、物語の登場人物だった。

めちゃくちゃ探索する

『さまようぴえろ』は、時解カフェの別館をほぼすべて動き回って探索する必要があります。

おまけに、不意打ちでピエロがあちこち徘徊するもんだから、こちらも気配を隠すのに必死です。

そういったこともあり、めっちゃ動きます。
たぶんヒールとか履かないほうがいいよ!

体感「ほんとにこれ30分公演?」っていうくらい探し回った気がします。
常に動いてたなぁ。

謎の難易度はほどほどに難しい

謎の難易度自体は、初心者さんにも楽しめる程度の、ちょっと小骨のあるアジかサバくらいの難易度です。
たまに喉に引っかかるけど、別に飲み込めないほどえげつないレベルじゃないな、っていうくらいの難易度です。

実際、「謎解き初体験」という方と一緒に挑戦しましたが、彼らもものすごく活躍してました。

むしろ我々の方が若干詰まってましたけどね!
それもこれも、あの「さまようぴえろ」のプレッシャーが半端ないことが原因だと思うのです。

ピエロが可愛くみえてくる

そして不思議なことに、最初はめっちゃ怖かったピエロにどんどん愛嬌を感じるようになります。
たぶんあのピエロは前世が関西人なんでしょう…

残り期間わずか、是非いってほしい

そんな『さまようぴえろ』、開催期間が本当に残りわずかとなってしまっています。

これで2,300円は本当にお得!
是非いろんな人に体験してほしいのです。

そして、次回もしホラー謎解きがまた開催されるのであれば、次も是非参加したいと思います!