電脳九龍城財宝殺人事件リベンジ

ウェアハウス川崎で行われている電脳九龍城財宝殺人事件。
4月に挑戦し、まさかの前編「宝探し編」のラストで詰まるという大失態を演じたわけですが。
(これ、ほんまもんの企画だったら失格では…?)

1ヶ月謎を温めて(訳:考えるの面倒くさかった)、久しぶりに貰った資料一式を見直してたら閃いてしまったのです。

あーわかったー!!!
某アニメだったら、「Crowに電流走る」という不穏なアナウンス流れてますきっと。
なぜこれに気が付かなかったのか…
こらだから脱出成功に繋がらないと何度言ったら

ということで、東京行ったついでにリベンジ!

はい、なんとか推理編に進めましたよっと。

電脳九龍城財宝殺人事件の推理編。

体感、宝探し編のほうがよほど難しかったような。
手馴れの謎クラさんにとっては、たぶん推理編の方がオーソドックスな謎解きだったんじゃないかなーと。

私が詰んでたあの謎はこのパターン想定してたの!
みたいなこと、他の方もありませんでした?

というわけで、1時間かからないくらいでクリア。

まぁ1ヶ月またいでクリアしてますから、実際の名探偵への道のりは相当に険しいですけどね…

ギミックは凄かった。
なるほどねー、完全に意中にハマってたわ。

ひとりで行くより、複数人でワイワイ楽しみながら参加するのがよいと思います。
開催期間は延長されましたが、それも7月1日までなので気になる方はお早めに!