【感想】ブレインラボカップ@ヒミツキチラボ

東京ミステリーサーカス4Fヒミツキチラボにて5月31日に行われたクイズイベント「ブレインラボカップ」の感想です。

皆さん、クイズは好きですか?
私は好きです。
テレビ番組とか観てると、「俺にもイケそう」という謎の自信に満ち溢れてくることがあります。

というわけで、東京日帰り旅はこれを目的として行ったと言っても過言ではありません。

出題内容についてはネタバレ厳禁とのことでしたが、出題形式や感想については公開OKとのことなので、記事にしておこうと思います。

4人1チームで5つの形式に挑戦

第1R:個人戦

「チームで協力して」って言ってるのに、いきなり個人戦かよという総ツッコミで始まった対決。
30問のクイズに全員で挑戦し、成績上位10名にそれぞれ点数を付与するというものでした。

あれです、アメリカ横断ウルトラクイズの飛行機でやるペーパーテストみたいな感じです。

これが、基本的な知識を問う問題から「そんなん知らんわ」という小難しい問題まで、バラエティ豊か。

ちなみに、私のチームからはひとりも成績上位者が出なかったため、いきなり0点からのスタートです。
幸先不安すぎる。

第2R:チーム対抗早押し対決

チーム内で「文系」「理系」「芸能・スポーツ」「漫画・アニメ・ゲーム」で役割分担、さらに全員参加の「ノンジャンル」5分野でチーム対抗早押しクイズです。

私はまさかの「漫画・アニメ・ゲーム」の担当になってしまい、かなり不安な中早押しクイズに挑戦です。

結果だけいうと、10チーム対抗で、私も1問だけですが答えることができました!ちゃんと正答で!
いや、もうこれだけで私満足だよ。
早押しクイズのボタンを押せただけで楽しかった。

第3R:謎解きクイズ対決

開催場所が東京ミステリーサーカス内にあるヒミツキチラボですからね。やっぱり謎解きはありました。
でも、ただの謎解きではありません。

謎を解いたら、クイズが現れてくるのです。
そのクイズの答えが分かったら早押しボタンを押して解答。

何が鬼畜って、早押しボタン押されたらその段階で全チーム回答を提出しなければならないということ。
問題すらわからない状態で答えを出さなきゃいけないということもありうるわけです。

うちのチームですか?
謎解きすらままならず、問題の予測すらできない状態で解答提出を強いられる羽目になりましたよ!
わかりますか! 問題もわからず「ハイお答えください!」と言われる我々の気持ちが!!

第4R:お絵描きクイズ対決

あるお題に対してチームのひとりがお絵描き、残りのた3人が何を描いたか答えるというもの。

シンプルに「〇〇を描け」というものもあれば、そのお題がクイズになっているものもあり、結構大変。

なぜか私は「絵心ある奴」に分類されてしまい、チームの期待を一身に背負う立場になってしまいました…
でも、司会の糸魚川さんに絵を褒められたので満足!

第5R:チーム対抗一問多答クイズ

実は一番好きなクイズ形式。
深い知識量を問われますよね、こういう「ひとつの問題に解答が複数個あるクイズ」って。

他のチームのクイズを聞いてると、「よくそこまで知ってるな…」と感心するばかりです。

我々のチームですか?
手も出せず早々に敗退ですよ。
もっと勉強しなきゃな……

決勝進出ならず

まぁ大方の予想通り、予選最下位です。
いやー、クイズ舐めてました。

ちなみに、決勝戦は純粋な早押しクイズ対決でしたが、手に汗握る展開でした!!
君たちホントにクイズ初心者?と思うような。

知は力なり

まさにこれ。
クイズに関しては「知は力なり」を体感しました。

こういう初心者向けのクイズイベント、これからもいろいろなところでやって欲しいなぁと思いました。
東京が中心になるので、是非関西でも!