【感想】雛見沢脱出計画(ひぐらし謎)

ホール型のよだかのレコードは初参加。
『雛見沢脱出計画』(ひぐらし謎)に挑戦です。

ちなみに原作ほとんど知りません。
富竹フラッシュしかわからないです(ダメなやつ)

5人1チームなのですが、私はソロ参加。
同じチームの方は4人連れのお友達だったのですが、謎解きガチ勢(当社比)だったのでわりとすんなり意気投合。
これは期待が持てる!

原作知らなくても大丈夫!

『ひぐらしのなく頃に』をほとんど予習なく参加しましたが、特に問題はありませんでした。
知ってたらもっと楽しめるとは思いますが、少なくとも私はめっちゃ楽しんで取り組めました。

ホラー要素はなくはないですが、そこまでガッツリ怖いわけではないので、誰でも楽しめるとは思います。
ビジュアル的な怖さというより、小さな力でじわじわとプレッシャーで責めてくるタイプのホラー。

物量で殴ってくるヤツや!

私、謎解き別に得意ではないのですが、そのくせ物量で殴ってくるタイプの謎解きが大好きなんです。

そしてこのひぐらし謎は、私の好きな物量で殴ってくるタイプの謎解きです。大好きよだかさん!

まじで情報整理係をひとり作らないと、マジで後々大事になります。
「役割分担」と「情報共有」、あと「整理整頓」!

そして思わぬところに伏線が張り巡らされているので、整理するだけでなくチーム全員がひととおり解いた謎や資料に目を通しておくことが大事ですね。
気づきの視点をひとつでも増やした方がいい。

ネットの脱出ゲームに近い印象

私がこの謎解きをやってみて思ったのは、ネットやスマホアプリのゲームによくあるような脱出ゲームに近い感じがしました。

アイテムとアイテムを組み合わせて、新しいことができるようになって、それを使って鍵を見つけたり暗号を解読したりするじゃないですか。
それに近い感じのことをします。

そういう、ネットの脱出ゲームが好きでよくやってるような方はとても好きになる謎解きだと思います。

脱出失敗!悔しい!

残念ながら脱出失敗してしまいました。
うーん、役割分担も情報共有も完璧で、最後に何をしなきゃいけないかもほぼ分かっていたんですがね!
最後の気づきというか、閃きが足りなかった。

メンバー運もだいぶ大きく左右すると思います。
コミュニケーションがうまくいかないと脱出成功率は極端に下がると思います。
私の場合は、その点はとても恵まれました!
ソロ凸楽しい!

そして、貰ったアイテム類は隅々まで見ような!
私との約束だ!!