【感想】Who Killed Cock Robin(コマドリ謎)

大阪限定で行われたよだかのレコード公演『Who Killed Cock Robin~誰がコマドリを殺したか~』に参加してきました。

普段は東京で公演を打っている団体がわざわざ大阪までやって来てくれて、しかも「大阪限定公演」と銘打って行われた公演ですからね! こりゃ行かないわけにはいかないよね!

ということで、サークルのメンバーさんが立ててくれた企画に便乗する形で参加してきました。

大阪限定ということで行われた公演なので、全国各地から、謎解き界隈では有名な方々が多数参戦しているみたいで、謎解き始まる前から戦々恐々としていた奴がここにいます。

謎がめっちゃおもしろい

よだかのレコードは、かつてから「物量半端ない」ということで有名です。それは、私自身ひぐらし脱出で痛いほどわかりました。

もちろん今回も相変わらずの物量でめちゃくちゃ大変だったのですが、それ以上に今まで見たことない斬新な謎解き形態だったと感じました。

公演開始冒頭、いただいた謎を見て私はしばらく「……??」と固まっていました。何をどうすればいいのかわからない、すごい斬新でおもしろい謎だったなぁと思いました!

世の中には、まだ私の知らない謎がいっぱいあるんだなー… と、しみじみと感じた次第です。

相変わらずの物量ゆえに

前述しましたが、とにかく物量が多いので、今自分たちは何を目標にして、何に取り組んでいるのかをチームメンバー全員で把握してないとかなりキツイ。

それを把握しかねると、物量多いのにひとり何をしたら良いかわからず路頭に迷うという、謎解き公演でいちばん起きちゃいけない事態に陥るからね!

物量で殴ってくる謎解き公演は好きなんだけど、そういうリスクと常に隣り合わせになってるからゲーム中は気をつけなきゃなー、と本当に感じます。

というか、私もメンバーさんから謎振ってもらわなかったらそういう風になっていた可能性が多分にありましたからね!

我々は何を目指しているのか?

世の謎解きゲーム、脱出ゲーム全てにいえることなのですが、今回ほど「我々は最終的に何をしなきゃいけないのか?」ということを念頭に置かないと成功はできないなぁ、と感じたことはありませんでした。

今思えば、これまで脱出成功した謎解きはだいたい最終ゴールをいつも念頭に置いて取り組んでいた結果ついてきたものだよな! と本当に感じます。

私の参加回は全チーム中成功チームは1チーム、私のチームは残念ながら失敗してしまったのですが、この気付きを旨にこれからもガンガン謎解きしていきたいなと思います!