【感想】地球人消滅からの超脱出

今年の年末年始は石川からの超脱出を果たし、大阪に住む弟の家に1週間ほど居座っていました。どうみても寄生虫です本当にありがとうございました

そして向かった先は大阪ナゾビル。私が大阪に戻る理由の大半は謎解きですからね。仕方ないね。

ときどき監視員以来の大阪ナゾビル

ドラゴンボール超の周遊謎

帰阪して最初に挑戦したのは、ドラゴンボール超を題材にした周遊型のリアル脱出ゲーム『地球人消滅からの超脱出』です。

既に公演は終了していますが、ネタバレは差し控えた内容でお送りしたいと思います。

ざっくりストーリーを説明すると、フリーザ様と一戦交え力を失った悟空が力を取り戻すまでの間、ドラゴンボールを捜したりギニュー特戦隊と戦ったり、その他なんやかんやしたりして時間稼ぎする謎解きです(雑)

今回参加したのが12月29日。正直めちゃくちゃ寒くて、この日に挑戦してしまったことを本気で後悔しました。せめてやるならもっと暖かい日にすりゃ良かった。

賛否両論あるみたい

さて、こちらの周遊謎。開催された当初から賛否両論(主に否寄りの意見多めで)沸き起こっていたこともあり、私は参加を渋っていたのでした。

たぶん私も、スタンプスのスタンプラリーがなかったら参加していなかった可能性が高いです。残り2個でパーカー貰えたからね… 仕方ないね…

さて、やってみての感想ですが、なんとなく賛否両論巻き起こる理由がわかるような気がしました。

謎がおもしろくない

今回、謎がシンプルにおもしろくないものが多かったような気がします。謎が解けたときの感動が、あまりない。

一昨年に挑戦した周遊型のホウオウの試練からの脱出は、まだなんか謎が解けたときの感動が大きかった気がするんだけど、今回はなんかそれがない。

ひとつには、スマホがドラゴンレーダーになっているのですが、スマホ謎の比重が大きいのと、それがいまひとつ謎っぽくないというのがあるかもしれない。

特に、ラストの謎については、あまりにあっけないラストで、かなり拍子抜けしました。時間がかかると思って、わざわざネットカフェの一室を押さえて取り組んだのに、ものの数分で終わってしまった。

途中のギニュー特戦隊のほうがキツかったぞ…

無駄な歩かせ方をさせていた

京都鉄道ミステリーや名古屋の地下迷宮に潜む謎、東京メトロの地下謎への招待状のように、街の中に謎が潜んでいる形式だと、歩くのにもワクワク感があるのです。

それに比べると、どうしても「周遊である意味とは……」となってしまうのも仕方ないような気がする。

周遊ゆえ、「歩かせる」という行為をある程度させなきゃいけないのはわかるんですが、「なぜこんなルート取りをしたのか……」と思うようなルートもあり、疲労感を増幅させたこともある。

脱出成功はしました

一応ね、やることは全部やって脱出成功はしました。

「ドラゴンボールを捜す」という内容自体は周遊との相性はすごくいいと思ったのですが、全体を通してみると「周遊でやる意味…」と思った点が多かった点は否めません。スマホでいいじゃん、みたいな。

周遊系でよくある折り紙系の謎とか、途中にある追っかけっこみたいなやつとかはとてもおもしろかったので、もったいないなぁ… と感じます。

でもまぁ、私はかなり雑食系なので、ドラゴンボール脱出も、それなりに楽しんだのでした、まる