【感想】最終兵器工場からの脱出

大阪ヒミツキチオブスクラップにて開催されている『最終兵器工場からの脱出』に挑戦してきました。

大阪ヒミツキチ発祥のリアル脱出ゲーム、昔は大阪も元気やったんやで… というのを体験するリアル脱出ゲームでした。

今は新宿歌舞伎町や名古屋に押されてるけどな…

最終兵器工場からの脱出

やっぱりオリジナル公演はいいな!

ここ最近はコラボものの公演が多くなり、オリジナル作品は過去作の再演で楽しむことが多くなってしまいました。

今回もそのパターンだったのですが…… やっぱりオリジナル作品は楽しいな! と改めて感じた次第です。

コラボものが悪いとは言わないのですが、純粋にストーリーや謎解きを楽しむことができるので、すごく好き。

コラボものは、原作知ってたらいいですけど、知らなかったらなんか損した気分になりますから… 原作知らなくても謎解き自体はできるけどさ!

ロボが可愛いロボ

この公演のみどころのひとつは、謎解きもそうですがなんといってもスタッf…….ではなく、ロボたちが非常に愛らしいということですロボ。

ロボとひたすら会話していたい…… という茶番勢 雰囲気を楽しんでおられる方々も相当数いたという話を聞いておりますロボ。

まぁ、私もそのひとりなんですがね。進んでロボのところに遊びに行ってました、ではなく、回答出したり何やかんやしたりするためにロボのところに行ってましたロボ。

そういうのが好きな人は楽しめるロボ。

難易度結構高かったで!

ちなみに、過去作だからといってナメてかかると痛い目に遭うなかなか難しい公演です。

手馴れの方々でも、「失敗した!」という話をよく聞きますし、実際私のチームも危なかった。

かなり長い時間をかけて、最後の最後まで「これでいいのか!?」と吟味しまくって最終回答したくらいです。

脱出成功率もそこそこ低い!

どれくらい難しかったかというと、某会場では全滅回もあったというくらい難しい公演です。

私の参加した回も、全員7チームが参加して、成功したのはたった1チーム! そのチームは私のチームだったので、その補正もあり満足度のかなり高い公演となったのでした。

というわけで、難しい謎解きに挑戦したいという猛者たちも十分楽しめる内容の作品ではないかと思います。我こそはという方は是非に。