【新型コロナ対抗】謎解き制作団体応援記事

新型コロナウイルスが猛威

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が全国各地で猛威をふるっています。

三つの密(密閉空間・密集場所・密接場面)を避けること、不要不急の外出を避けることなど、全国各地で要請されています。

そんなわけで、規模を問わず人の集まるイベントは軒並み延期・中止を強いられているほか、飲食店などもかなりの打撃を受けている模様。

最近は私も大阪に行く回数は減らしていますが、数週間前になんばを歩いていたときはあまりの人の少なさに「今日本当に週末?」と驚いてしまったくらい。

謎解き制作団体もダメージが

そんなわけで、謎解き制作団体もダメージを受けているところがいたるところで見受けられます。独立して運営している個人・団体も多く、新型コロナウイルスが収益・生活に直結しているところも数多くあります。

そんな方々が生き残りを懸けて、さまざまな工夫を凝らしています。

そういうわけで、ささやかではありますがそういった謎解き制作個人・団体様の紹介と応援の記事をアップしようと思った次第です。

彼らの活動なくして、我々の活動はできませんからね。

ARROWS

全国各地で謎解き行脚を行っているARROWS。『Cage』金沢公演に参加させてもらい、日本初成功チームとなった思い出に残っている団体です。

そんなARROWSですが、新型コロナウイルスの影響で軒並みイベントが中止という憂き目にあってしまい、現在収入ゼロの状態。このままでは廃業の危機とのこと。

そんなわけで、クラウドファンディング実施中です。

すでに目標金額は達成しており、すでに締め切っているものもありますが、持ち帰り謎がもらえる2500円コースや、4000円までの公演に参加できるプレミアムチケットのついた3000円コースなど、お得感のあるコースはまだまだ募集中です。

Escape Osaka

関西謎解き愛好家のなかで満足度がダントツで高いEscape Osaka。脱出ゲームでこういうことがやりたい! ということを叶えてくれる場所。

とにかく作りがひとつひとつこだわっていて、余計なお世話ながら「相当金がかかってんだろうなぁ……」というのがよくわかります。

私も第1作『暗黒の座禅』参加しました。ハイパー大満足の公演です。

第2作もいつ行こうかなぁ…… と考えていたところで、新型コロナウイルスの影響で営業休止に追い込まれました。そして収入ゼロ。

こちらはクラウドファンディングではなく、なんと第3作の事前チケット購入という方法で協力をお願いしています。

2名分9000円となっております。3名以上で参加する場合は、差額分を支払えば参加可能となります。

私も協力者を仰いで即購入しました。それくらい迷わず参加することをオススメしたい謎解きなので、是非ご協力のほどよろしくお願いいたします。

悲痛な覚悟です。

hazの箱なぞ

めちゃくちゃトガった箱スタイルの謎をいっぱい作っているhazさん。

まあこれを見てくれよ。

船……? いえ、これ全部謎です。

これは2月23日にプレイさせてもらった箱なぞ『解賊船』です。船に見立てた箱で、これぜーんぶ謎です。やばいです。クオリティが。

このほかにもあんな箱やこんな箱、どれもトガりにトガりまくった箱をたくさん作っています。

hazの箱なぞは、共通事前チケットとして1枚500円のクーポンを販売しています。1公演につき事前購入分の500円が割引されるという、前払いです。

1枚500円という手軽さで支援ができます。チケットは購入者本人のみ使用可能、転売や譲渡はできませんのでご注意ください。

ゆうげん

東京遠征したときにたまたま機会がありまして『終わらない平成からの脱出』に挑戦してから気になり続けている団体。

脱出成功した暁には、皆のあこがれ「令和おじさん」になって、額縁掲げて「令和でありますッ!」と宣言できる、面白い公演でした。多分に成功補正ありますけど。

そんなゆうげんさんは、オンラインショップでのグッズ購入が可能。

その中でも異色なのが「無観客公演」です。

5月8日~10日の好きな日程で、YoutubeLiveをみながら謎解きに参加するという形。これなら自宅で過ごしながら謎解きができる、自粛ムードの中だからこそできる公演。

一応個人戦ですが、キットを全員買えば協力プレイもできるらしいです。

YoutubeやLINEを使った謎解きが行われるため、パソコン+スマートフォンという環境が推奨されています。スマートフォンのみでもできないことはないけど、かなり忙しくなるらしい。

可能な範囲で応援しよう

こういった謎解き制作をしてくださる方々が廃業の危機となってしまうのは、私としてもさみしい思い。普段あんまりクラウドファンディングとかしないのですが、こういう非常時であれば喜んでお手伝いいたします。

こういうのを強制するのは良くないとは思いますが、ぜひ謎解きを愛する皆様。少しでもよいのでお手伝いをしていただければと思います。