【感想】ある女が駆け抜けた一瞬の人生について(後編)

代表ブログ
写真はイメージです 提供:写真AC
【感想】ある女が駆け抜けた一瞬の人生について(前編)
すゞひ企画とは SCRAPのリアル脱出ゲームでもたびたび司会をされている鈴木秀明さんが主宰しているイベントプロデュース集団のすゞひ企画。演劇×体験型ミステリーという公演をいろいろと企画されています。 鈴木秀明さんは、演劇をかじったこ...

前回記事で掲載したすゞひ企画の『ある女が駆け抜けた一瞬の人生について』の解説編が本日公開されました。今日から自宅待機明けて仕事復帰しましたが、なんとか仕事を切り上げて時間内に間に合いましたので、リアルタイムで視聴してきました。

今回は解説聞くだけなので演出に集中

48時間の制限時間に解答を提出して、今回は解説を聞くだけなので、役者さんのお芝居に集中しておりました。

すごいですね。Zoomの中とはいえ、役者さんのお芝居にのめりこんでしまいました。生で演技を見られないというすごい制限下でも、もうひとりの登場人物がそこにいるという感覚に陥りました。キャラクターへの入り込み方がすごい。そのキャラクターがやばければやばいほど強烈なインパクトが。

やっぱ役者さんってすごいんやな…… と、大根役者の私は改めて感じた次第です。そこそこの人数の前であいさつするくらいがちょうどいいや。

肝心の推理のほうはというと

ネタバレになるのでトリック等々は省略しますが、大筋はおおむね当たっていました。やはり真相はそうであったか……

ただ、細かいところで解答をはずしていた箇所があったので、満点解答からは程遠い229点。3かなり身近な人に満点1位を獲得している人がいたので、やはり当サークルは最強であったか…… と完全に虎の威を借る狐になってます。300点満点も8人もおり、みんなどんな頭してるんだ……

そして、解説編を聞いていたら「そりゃあ伏線なんて回収できないよね」という感じになりました。調査不足と読み込みの不足。自宅待機の暇な時間でもこんなんだから、仕事の合間を縫って推理とか、とてもじゃないけど私には無理だわ。次回作があるときにも時間に余裕をもって金曜夜とか土曜の日中に予定を組みたいところです。

うーん、これは皆さんがどんなところで悩んで、どういう解き筋で真相を導き出したのかいろんな人の話を聞きたくなる公演ですね。

個人的にはソロ参戦がおすすめだけど

今回のオンライン公演、私は事件編の鑑賞と48時間の推理をすべてひとりでやりました。そこまでミステリガチ勢というわけではないのですが、謎解きや推理が好きだという人は、是非ひとりで挑戦してみることをおすすめします。

ただ、やはり内容がそこそこハードなので、ある程度チームで協力して取り組むのもそれはそれでありかなとは思います。ただ、役割分担とかはおこなわず、ある程度ひとりでじっくり取り組んで、わからないところをときどき相談するように極力ソロプレイに近い形で挑戦したほうがよいでしょう。

というのも、この公演は上位成績者の発表もあるので、ある程度ソロで頑張って自分の実力をはかってみるのが正統派プレイングスタイルなのではないかと思います。

再演がどうなのか、次回作がどうなるのか。一切わかりませんが、次回オンライン公演があったら迷わず参加しようと思います。楽しみに待っています。

コメント